ブログ

時計付フレームのお取扱い

■ 裏板の外し方 ■

clock_zu1
板を外してアレンジを施します。
裏板は、4カ所爪で押さえられていますので、爪をまわして外します。外す時に時計の針が本体に触れたりしないよう、十分ご注意ください。

■ アレンジ時の注意 ■

clock_zu
時計は精密機器です。針の部分に花などのアレンジしたものがかかりますと故障の原因となります。アレンジを施す場合は【図1】のように針の部分と感覚をあけてください。
アレンジ途中で時計針に触らないよう十分お気をつけください。針は柔らかいため手が触れると曲がってしまうことがあります。
clock_zu3万が一曲がってしまった場合には【図2】のように「秒針」「分針」「時針」とも触れないように針を指で調整して下さい。多少でも針が触れていますと、時計が止まるか、時間が遅れる事があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る